■■ Neo Classica ASCendant ■■

打ち込みを駆使した独特の世界観が好評のインディーズユニットです

RSS Feed: Powered by Feed Burner TOP { entry navi: « 新曲公開終了、DL感謝 | Kagura | [Red Domination]、完売御礼 » }    |:|:|:|:|    TOP(CSS/JavaScript ON) このエントリーのCSS/JavaScript ONのページ

フォール

時間は創造し、破壊し、生み出し、そして残酷なまでに……。

話題としては今更だけど、ホットな話題で検索ヒット/カウント狙ってるわけでもなし。いつもどおりマイペース。

・ワン、ツー、スリー……。
プロレスの三沢選手、リングの上で。
格闘技とは命懸けなんだってことを、観客だけではなく選手まで目覚めさせ、そして逝った。
自分の価値観から思うに、結果的にとどめを刺したことになる対戦相手の齋藤を酷いだとか言う奴は、ただただ三沢の名を辱めているだけだと思う。そもそも技の本質は対戦相手を破壊するもの。その技を使う相手に立ち向かう覚悟はもちろんのこと、技を使う方にだって覚悟がいる。見事だったとしか言えない。
この時代にたまたま生きていて、このことを知り、三沢の死に様を想うなら、まさに一度しか起こりえない魂の奥底にまで届くような絶対的な感動と本能の畏怖を忘れてはならない。
とかいいつつ、レスラー全員が命を懸けている振りをしているだけであって、あれはただの事故ですとかいうなら別だけど。

エンジニアが教えるミックス・テクニック99
読んでみた。
独学および試行錯誤でミックスをしてきたけど、あちきがこれまでに身につけてきた個々の技術や考え方、方法論はそれほどまちがいではない(らしい)ことが分かった。具体的にどれとは言わないけど、こんなせっこい真似プロとかいわゆる流通レベルの人たちはしないんだろうなって思ってたこととかも、普通にやってるらしい。ある意味自信がついた。
逆に言えば、最初から最後まで、新しい発見がなかったorz
本の帯だったかどこかに「ここまで明かして大丈夫!?」みたいなことが書いてあったけど、独学でも身についてくることばかりなのでそんな大袈裟なもんでもないです。
これから始める人にとっては、あちきが独学で四苦八苦した苦労をわずかな出費でかなり軽減出来る事になるわけで、そういう意味ではよい本だと思う。
いずれにしてもミックスの道はまだまだ遠く険しくあーもー。
ってなことで、あちき程度のミックスなら出来る、あちき程度のミックスでは到底ミックスとは言えない、というレベルの人は読むところはないのでスルーした方がお金を節約できます。ミックスダウンっていうか、そもそもDTM始めたばかりとかそういう場合は、何度も読み返して使えると思います。本を使うっていうことに慣れていることが前提だけどね。(それができない人にはどんな本を進めても無駄)

・ ついでなので、マスタリングの全知識 CDから配信まで
この本もある程度やってる人にとってはそれほど新しいことは書いてない。ただ、マスタリングのことをほとんど知らないのにCD作っちゃおうとか考えるのはよくないと思うので、そういう人は読んだほうがいいと思う。っていうか読むべし。そのCDを買う人のためにも。
ミックスダウンとマスタリング、結局のところ全部自分でやるわけだから不要だよ、と思うかもしれないけど、出来上がりを聞く人はほとんどの場合、どうしても一般に流通しているCDとかが基準になるわけで、それらはミックスダウンをした後わざわざマスタリングすることで最終的にあのCDみたいな音になってる。そう考えると、マスタリングのことを適当に考えたりスルーしたりするのは自分からCDみたいな仕上がりを放棄しているようなものだと思ったり。
本には、たくさんマスタリングすれば分かってくるみたいなことが書いてある。本当にやろうと思うと結構大変だったりするけど、市販の曲を自分流に再度マスタリングするっていう考え方は面白いなぁと。それなら自作曲がそんなにないから出来ないって話にもならないしね。
で、結局のところ、ある程度経験を積んだ後で読んでも得られることはやっぱりあまりない。CD制作までして視野に入れている初心者ならば(この本で学ぶかどうかはともかく)マスタリングのことはちゃんと調べ、学び、理解するべし、だと思う。

・ でも、いつかはミックスダウンもマスタリングも外注したいと常々思いながら、今日も一人であーでもないこーでもないと作業を続けるわけさね。

・ オリジナルTシャツとかどうかなぁと模索中。
どうにもサービス元のサーバが弱いらしくて動作が安定してない故にまだこちらではおおっぴらにはしてないですけど、MySpaceでは公開されてるんでよかったら見てくだされよ。
Neo Classica ASCendant Banner For MySpace

 

posted by: 鴻本 神楽 at 2009/06/20 01:50
※CSS/JavaScriptONのページです。


Copyrights(C) 2001-2014 Noe Sakaki and Kagura Koumoto All rights reserved.